2ndシングル『俺の名はブロックチェーン』© Cinderella Academy Inc.

ブロックチェーン×仮想通貨×アイドル

仮想通貨少女のセカンドシングルは世界初ブロックチェーンをテーマにした楽曲に挑戦!そのタイトルは…

「俺の名はブロックチェーン」

今、仮想通貨界はマネーゲームが少しずつですが沈静化しつつあります。暗号通貨の技術や可能性をしっかりと理解する人が増えてきた印象です。暗号通貨の技術を支える「ブロックチェーン」最近では専門家以外でも沢山の人々が注目しています。

ブロックチェーンは取引革命であり証明革命、一度刻んだら改ざんはできません。いつでもどこでも取引記録や事実を証明することができるのです。

ブロックチェーンにより、音楽、アニメ、漫画、映画、ライブなどエンタテインメント事業はもちろん、全ての事業が透明化していきます。コンテンツ提供者が泣き寝入りをしなくてもいい時代がもうすぐ来るのです。

「ブロックチェーンをもっと身近に!」
「仮想通貨をもっと身近に!」

中央集権に左右されない信用の価値を仮想通貨やブロックチェーンで成立させる、その可能性は無限大です。
「人と人を笑顔の鎖で繋げてほしい」

私達はこれからも仮想通貨をテーマにエンタテインメントで皆様に笑顔と元気と感動を届けていきます。

NEM(ネム)担当 上川湖遥(18歳)よりメッセージ

世界平和を勉強していくと世の中には戸籍のない人が数億人いることを知りました。戸籍がないから自分のお母さんが本当のお母さんだと言うことも証明できない。怪我したり病気になっても病院にいけない。

学びたくても学校に行けない。戸籍がないと言う理由だけで世界にはこんなにも沢山の問題が起きてしまうのだと気付かされました。

ブロックチェーンには命を記録し命を証明する事ができるんです。ブロックチェーンの技術がその国では希望になるんです!それは仮想通貨にも同じ事が言えますよね。私達に大きなことはできないですが少しでもみなさんにブロックチェーンを知ってもらえたら嬉しく思います。